万年腰痛持ちだけど運動しても大丈夫?

腰痛や膝痛があると、歩くのにも不自由しますよね。
整形外科や整骨院などで治療しても良くならない場合、運動することによって痛みを軽減できるケースがあります。

 

もちろん、運動が禁忌の痛みもありますので、運動をする前には先生とよく相談された方が良いでしょう。
先生の許可が下りたら、積極的に運動に取り組んでみてくださいね。
場合によっては、先生から筋力をつける運動を勧められることもあるでしょう。
しかし、どのような運動をすればいいのか分からないという人が殆どだと思います。

 

坐骨神経痛(脊柱管狭窄症)などの腰痛には、腰痛体操というものがありますが、1人では正しい運動ができているか分かりませんよね。
やはり、専門のスタッフに教えてもらいながら筋力をつけることができるのが1番だと思います。
健康体操教室のカーブスは、女性だけしか入会できませんが、幅広い年齢層の方が通っており、その中にはカーブスのメニューによって腰痛が改善したという人も少なくありません。
筋力をつけるために、1人1人にあった筋力トレーニングと有酸素運動が交互に行われ、所要時間は1日30分だけ。

 

週に3日程、通うだけで、いつの間にか、酷い腰痛が軽減され、全く痛みを感じなくなります(もしも、痛みの改善がなく、腰痛が酷くなるようでしたら、速やかに病院を受診してください)。
これは、衰えていた筋力が復活し、しっかりと腰を支えることができるようになったためだと考えられます。

 

腰痛の原因は様々ですが、骨粗しょう症が腰痛を引き起こしている場合も多く、そういったケースでも筋力をつけることが痛みの改善に役立ちます。
カーブスには女性や高齢者が使うのに最適なトレーニングマシンを12個揃えてあり、個人にあった負荷をかけることによって、筋力アップを図っています。

 

決して、ボディビルダーになるようなトレーニングではなく、あくまでも健康維持のための筋力アップですので、無駄に筋肉が付くということはないようです。
椎間板ヘルニア(ぎっくり腰)のような、急性の腰痛の場合、安静が第一ですが、万年、腰痛に悩まされているという女性は、是非、1度、カーブスを見学してみると良いでしょう。
カーブスのトレーニングメニューによって、腰痛をなくすだけではなく、ダイエットにも成功したという女性もたくさんいらっしゃいます。

 

体重が減ることによって膝痛も軽減することが分かっていますので、整形外科などの先生にダイエットを勧められている女性にもピッタリだと思います。