運動しないと体重は落ちない?

ダイエットしようというと、まず食事制限を考える人が多いのではないでしょうか?
運動するというと、どうしても「面倒」となりがちだと思います。

 

でも運動は、やはりある程度必要みたいです。
筋肉をつけ、基礎代謝をアップする必要があるからなのだとか。

 

基礎代謝とは?

痩せるためには、摂取するカロリーより消費するカロリーを増やさないといけないのは常識ですよね?
消費カロリーを増やす方法の一つが、運動になるわけです。

 

でも運動によって消費カロリーを増やさなくても、その分摂取カロリーを減らせば同じだという気がしますよね?
ところが、そうではないそうです。

 

消費カロリーには2種類あり、一つは運動など体を動かすことによって消費されるもの。
それからもう一つは、「基礎代謝」なのだそうです。

 

人間は、体をまったく動かさず、たとえ眠っている時でも、生きている必要がありますよね?
生きるためには心臓を動かしたり、呼吸をしたり、体の内部で様々な活動がされないといけないわけです。

 

この純粋に、生きるために必要なカロリーを、基礎代謝と呼ぶのだとか。
この基礎代謝、消費カロリー全体の7割にも及ぶそうです。

 

7割といえば、かなりの割合になりますよね?
なのでダイエットするためには、この基礎代謝を上げることを考えることも大事になるのだそうです。

 

年をとってくると痩せにくく、また太りやすくなるのは、この基礎代謝が年齢とともに下がってくるからだとか。
基礎代謝が低ければ、同じように体を動かしていても、消費カロリーが少なくなってしまうからですね。

 

基礎代謝を上げるには筋肉量のアップが必要

この基礎代謝ですが、体の中で一番カロリーが消費されるのは、筋肉なのだとか。
なので筋肉が少ないと、その分、基礎代謝も低くなってしまうわけです。

 

筋肉をつけるといえば、、、そう、やはり運動ですよね?
しかもウォーキングやジョギングなどの有酸素運動ではなく、筋力運動をする必要があるわけです。

 

「ウォーキングをしているけど、痩せない」という話は、けっこうちょくちょく耳にします。
でもこれは、基礎代謝のことを考えていないからなんですね。

 

カーブスでは、専用のマシンにより、効率的に筋力運動をすることができます。
そのため、基礎代謝がアップして、同じ時間ウォーキングだけをするより、さらに効果的にダイエットできるのだと思います。