旧石器時代の食事でダイエットできるとか!

ダイエットには、カーブスなどでの運動は、やはりまず必要ですよね。
それを前提としながらも、さまざまなダイエット方法が考案されているみたいです。

 

最近話題になっているのは、旧石器時代の食事法を取り入れた、「パレオダイエット」。
映画「トランスフォーマー」に出演した、スレンダーなボディのミーガン・フォックス、また「アベンジャーズ」のスカーレット・ヨハンソンなども、実践しているとのことです。

 

パレオダイエットとは?

パレオダイエットとは、旧石器時代の食事を現代に再現したものだそうです。
農耕が始まる前なので、調味料や砂糖はもちろん、米や麦などの穀物や、豆類なども食べないとのこと。

 

そうすると、炭水化物は一切取らなくなるわけで、基本は肉か魚だけということに。
これで体が持つのかと思いますが、大丈夫みたいです。

 

旧石器時代には、カロリーの55%を肉から補給していたそうです。
それで猟に出たりしていたのですから、現代人も、それで問題なく生活できるとされているらしいです。

 

旧石器時代のハンバーグ

パレオダイエットでは、たとえばハンバーグを作るのにも、パン粉などは使わないそう。
パン粉はつなぎに必要では?と思うかもしれませんが、別にパン粉でなくても、山芋などで十分、つなぎの役目は果たしてくれるのだそうです。

 

ソースにも、砂糖やケチャップはNGだとか。
バジルやりんごなどを効果的に使うことで、十分おいしいソースが作れるとのことです。

 

コアな人は生活習慣全体に取り入れるとか

コアなパレオダイエットの実践者は、食生活だけでなく生活習慣全体に、旧石器時代のやり方を取り入れているそうです。
たとえば、

  • 眠たくなったら寝る
  • お腹が空いたら我慢せず食べる

などなどだとか。

 

体の健康には、やはりストレスは大敵ですよね?
体に我慢を強いないことが、結果として、健康体を作るということみたいです。