高血圧でもカーブスで運動できる?

運動はとても大切ですが、高血圧の方の場合、必ずしも「運動すべき」とは言い切れません。
高血圧の方の場合、運動の負荷によっては体に悪影響を及ぼす事になりますので、医師から運動を止められている人もいます。

 

運動の前にまずは食事等で体質を改善することが必要でしょう。
あるいは、運動するにせよとにかく軽い運動からと医師から釘を刺されるケースもありますが、カーブスであれば高血圧の方でも大丈夫でしょう。

 

なぜなら、基本的に一回のプログラムでの負荷はそこまで高いものではありません。
トレーニングの目的は健康増進であって、自分を追い込んでパフォーマンスを向上させるためのものではありません。
そのような運動ですと高血圧の人の場合、大変な事になってしまいます。
急に倒れてしまう可能性さえあります。

 

通常のスポーツクラブでも軽度な運動であれば良いかもしれませんが、スタッフが常に自分だけを見てくれている訳ではありませんので、運動に関してはある程度自己責任で取り組みます。
つまり、ついつい我を忘れてしまい、運動に夢中になって大変な事になるケースもあります。

 

少々厳しい言い方をすると「自業自得」ではあるのですが、高血圧の人の場合、そのようなリスクも忘れてはなりません。
そのため、運動したいとは思っているものの、どうやって運動すれば良いのか分からない。
結果、いつまでも高血圧のまま悩んでいる人も多いのですが、カーブスの場合、スタッフが目を配らせているでしょうから安心しやすいでしょう。
一人一人に合った運動を提供していますので、高血圧の方でも事前に「高血圧です」と告げておけば、スタッフも他の人以上に目を配ってくれるかもしれませんし、プログラムもあまり重い運動にならないよう配慮してくれるでしょう。

 

むしろ高血圧の人にとって理想の運動環境になります。
仮にですが、そこでついついヒートアップしてしまった場合、スタッフが静止してくれる可能性もあるかもしれません。
こういった状況ですので、高血圧の人でも比較的安心して運動に取り組めます。
結果ともしっかりと向き合い、高血圧の人には高血圧の人のペースを模索してくれるでしょう。

 

もちろん高血圧ではない人にも親身に、自分自身に合ったプログラムを提供してくれますので、他のスポーツクラブのように一人で黙々と運動をこなし、すべてを自分で管理しなければならないような環境ではありません。
ちょっとした雑談によってスタッフへの信頼感も高まっていきますので、安心して運動に打ち込めます。