女性の骨年齢はどう変化するの?

骨粗しょう症と言えば比較的知られている病気ですが、簡単に言えばこれは骨の密度が低下するのです。
「骨」もいろいろなタイプがあります。
頑丈な物もあれば、華奢な物もあります。
魚を食べる際、骨を見れば分かりますが、太い骨もあれば細い骨もあります。人間も皆同じではありません。食生活を含め、ライフスタイル次第で骨は変化します。

 

もちろん生まれ持っての体質もあるのですが、後天的な物も多々あります。
ですから、骨粗しょう症になりやすい人もいればなりにくい人もいるのですが、女性は年齢と共に骨の密度がどうしても低下していきます。
言い換えれば、骨粗しょう症のリスクが高まっていくという事でもあるのです。

 

ですが、こちらは女性ホルモンとも密接に関係しています。
女性は年齢と共に女性ホルモンが低下するのは周知の事実ですが、女性ホルモンが低下する事により、それまでとは違った体質になっていきます。

 

なぜなら、女性ホルモンが骨の新陳代謝にも関わってくるからです。
つまり、女性ホルモンが減少すれば、骨の新陳代謝も鈍化しますので、結果、骨密度が下がり、骨粗しょう症になりやすくなるのです。
ではこれはどのように改善するのが良いのでしょうか。

 

栄養バランスを心がけた食事はもちろんですが、案外難しいのが運動です。
というのも、年齢と共に運動神経も鈍くなりますし、筋力も低下しますので、いきなり「運動が大切」と言われても、そもそも何をすれば良いのかさえよく分からない人がとても多いのです。
自分自身ではそれなりにやる気があるものの、自分一人では何をすれば良いのか、どうすれば良いのか。
そもそも何をもってして「運動」とするのかよく分からないという人はとても多いのです。

 

ですが、運動はハード過ぎるとそれはそれで体に負担を強いる事になってしまうので、線引きがとても難しいです。
何をすれば良いのか分からないと嘆いているのであれば、カーブスに通ってみるのも良いかもしれません。
カーブスの利点は、カリキュラムが決まっていることです。

 

そして一回の運動は30分になりますので、負担をかけすぎるような事はありません。
運動する事によって骨にある程度負荷をかけると骨が丈夫になり、骨粗しょう症の防止にも繋がります。
理屈では分かっていても、いざ運動を実践するとなるとなかなか簡単ではないと嘆く人も少なくないですが、カーブスなど、運動をレクチャーしてくれる所を活用してみるのも良いでしょう。