1日に6回食べるダイエット方法とは?

カーブスで運動をしていても、やはり食事は重要です。
「何を食べるか」も大事ですが、「どんな風に食べるか」も、ダイエットを左右するそう。

 

最近話題になっているのが、「1日6食ダイエット」。
これは女優の北川景子が実践しているというもので、元は糖尿病の患者に推奨されていたものだそうです。

 

1日6食ダイエットとは?

1日6食ダイエットとは、朝・昼・晩の3回の食事に加え、さらに3回の間食をとるというもの。
そんなに食べたら太るのでは?と思いますよね?

 

もちろん、6食食べることによって、1日の摂取カロリーが増えてしまえば、ダイエットにはなりません。
1日の摂取カロリーを増やさずに、6回に分けて少しずつ食べることが、ダイエット効果があるのだそうです。

 

ダイエット効果その1 胃が小さくなる

まず1日6食ダイエットの効果とは、胃が小さくなることなのだとか。
一度に胃に入る食べ物の量が減りますので、それを続けているうちに、一度にたくさん食べられなくなるようです。

 

ダイエット効果その2 脂肪がたまりにくい体質になる

1日に6食食べると、血糖値が下がる前に、また次の食事をすることになります。
そうすると、血糖値が安定するため、体脂肪がたまりにくく、また消費しやすい体質になるようです。

 

1日6食ダイエットの具体的なやり方は?

1日6食ダイエットをするには、まずは、1日6食食べることが必要ですね?
これは、会社に勤めている人は難しかもしれないですが、主婦などはやりやすいですよね?

 

それで、間食は、100kcalに抑えるようにし、その分のカロリーを、食事から少なくします。
100kcalというと、ご飯3口分くらいだそうなので、それほど大変でもないですね。