カーブスワークアウトとはどのようなプログラム?

カーブスワークアウトは、基本的に有酸素運動と筋力トレーニング、ストレッチを組み合わせたものです。
ダイエットはもちろん、健康の観点からもこれらはとても大切なものです。
人間は年齢と共に新陳代謝が衰えていきますが、筋力が衰える事によって引き起こされるものです。

 

筋肉の素晴らしい点は、年齢を問わずに鍛えられる点にあります。
つまり、年齢を理由に諦めていた新陳代謝の悪さは、筋力トレーニングによって改善出来るのです。

 

高齢者でもそれなりに良い体の方を見かける事も珍しくない時代になりましたが、天性のものではなく、努力によって作られた体ですので、誰もが努力次第で若々しい体になれます。
そのカギを握っているのが筋力トレーニングなのです。

 

有酸素運動は脂肪を燃焼してくれます。
筋力トレーニングだけですと体が重く感じる人もいるでしょう。
筋肉は新陳代謝を活発にしてくれる一方で、心肺機能そのものを高めてくれる訳ではありません。
もちろん多少は強くはなりますが、あくまでも副次的なものです。
筋肉は脂肪よりも質量が重いですから、筋肉だけになるとそれはそれで疲労感を覚える人もいます。

 

そこで有酸素運動です。
有酸素運動と言えば脂肪燃焼のためのものと思われがちですが、心肺機能そのものを高めてくれます。

 

筋力トレーニングのように副次的に鍛えるのではなく、直接鍛えられますし、有酸素運動によって体内の活性酸素を取り除く事も出来ます。
活性酸素は体にあまり良いものではないのですが、筋力トレーニングでは活性酸素を体内に溜め込んでしまいます。
そちらの「除去」も役割の一つです。

 

ストレッチは体を柔らかくするのですが、運動前に行う事で体の筋を軟らかくし、怪我しにくい体にしてくれます。
体が硬いと衝撃がすべて体内に蓄積されますので、疲労も溜まりやすく、抜けづらいのです。
アスリートの世界では、体が柔らかいだけでも大きな武器になるほど、柔軟性はとても大切なのです。

 

このように、カーブスワークアウトはただ闇雲に運動を行っているのではなく、「効果的な運動」が提供されています。
女性のライフスタイルを考慮し、では何が必要なのかを考慮して構築されたプログラムとなっていますし、一度の運動の負荷はそこまで高くはありません。

 

運動は継続してこそですが、継続するためには何が必要なのかを考慮して作られたものです。
辛い、苦しいと感じるような運動ではありませんので、その点も安心出来るはずです。