飽きっぽい性格でもカーブスは続けられる?

スポーツクラブに入るものの、飽きてきてやめてしまう人も多いのではないでしょうか。
確かに運動は楽しさだけではありません。
日常生活の中で時間を捻出しなければなりませんが、捻出して自分を追い込む事が負担になってきたり、なかなか効果が出ないのでモチベーションが下がってやめてしまう人も多いようです。

 

成果が出ている時には前のめりに取り組めるものの、成果が出なくなると次第につまらなくなってきてしまうのは人の常ですが、カーブスであれば飽きっぽい方でも続けられるいくつかの理由があります。
まず、1回30分です。
この時間ですから、息が絶え絶えになるような運動は行いません。

 

辛いと感じる前の段階での運動ですし、スタッフが付いての運動になりますので正しいフォームでの運動になりますから、効果が出やすいです。
運動もまた、正しいフォームで行ってこそです。

 

間違ったフォームでどれだけ一生懸命頑張っても効果は思った程ではありません。
運動の肝は、「頑張る」ではなく、「正しいフォームで効果的に頑張る」です。
一人でスポーツクラブに足を運ぶ場合、常にスタッフが見てくれている訳ではありませんので、知らず知らずのうちにフォームが乱れてしまう事もあります。

 

むしろ余程のトレーニングマニアでなければフォームが崩れる方が多いです。
そのような時、そのまま誰からも指摘されずに間違った形で頑張る。
でも効果が出ない。
これでは「あの頑張りは何だったのだろうか」と感じ、モチベーションが低下してスポーツクラブから足が遠のくのも不思議ではありません。

 

ですがカーブスですと、常に正しいフォームでの運動ですから、効果も出やすいですし、翌日に疲労困憊になるような事もありません。
正しいフォームで短時間、飽きを感じる前に終了しますので、楽しい気持ちで終了し、「また次も頑張ろう」となるのです。

 

常にスタッフが見てくれていますから、他のスポーツクラブのように、一人で黙々と行う訳ではありません。
目的があって、自分自身がどのような運動をすべきなのかが分かっている運動の上級者であればそのような形でも問題ないかもしれませんが、運動の初心者がいきなり放っておかれても、何をして良いのか分からないものです。

 

自分自身の事を見てくれるスタッフが、限界ギリギリのラインを設定してくれますので、飽きずに楽しく取り組めるのがカーブスです。
飽きやすくてすぐに行くのをやめてしまいそうだと感じている人もこれなら安心です。